子どもの、急な発熱の時に活躍する講座

おうち整体を学ぼうと思ったきっかけは熱の施術です。

仕事をしていると、こどもの体調不良の時、困ったことはありませんか?
私はどうしても休めない仕事の前日に病児保育などの預け先が見つからず、途方に暮れ、病気の子供とも向き合えていないような気がして、自己嫌悪になった事があります。

でも、おうち整体を学んでからは、急な子どもの発熱などでもあわてなくなり、私にできる事をして後は見守ろうと思えるようになりました。

 

 

以前は、子どもの熱・鼻水・咳がではじめたら、すぐに病院へ行っていました

 

熱はもちろんのこと、子どもに咳や鼻水が見られるとすぐに病院へ行っていました。
薬を飲んでもらいこれ以上ひどくならないようにしようと考えていたのです。

でも、その薬、本当にいるのかなと考えることもありました。

 

 

今でも高い熱がある時は、特に保育園の息子は病院へいきますが、軽い咳や鼻水ではおうち整体のお手当で様子を見られるようになったので、病院へ行く機会も、お薬を飲む機会も減りました。

 

子どもの急な熱には薬以外は冷やすだけだったのが・・・

 

私は今、子ども達に熱が出ても冷やすことはほとんどありません。
おうち整体を学ぶ前は、おでこだけでなく、脇などにもタオルでくるんだ保冷剤をあてたりしていました。

 

おうち整体を学ぶと冷やす以外にできる事が分かるようになるんです!

 

子どもの熱では受診のタイミングも難しい

 

一人目の時は特に私も新米ママだったので、熱があったらすぐ受診。
また元気な様子なのに、熱が下がらなくても翌日にまた受診するほどの心配ぶりでした。

 

 

今では、とりあえず、保育園に行っている下の子はすぐに受診していますが、先日上の子に微熱が出た時は様子を見ながらでしたが、熱の施術をして、翌日には下がっていました。

なので、今ではおうち整体に熱の施術をしてみてもだめだったら、受信しようと目安にもなっています。

 

子どもの急な発熱で一番困ったのは仕事

 

私が子どもの体調不良で一番困ったのは仕事を休むことでした。

職場はとても恵まれていて、子どもの体調不良で休む時にも私の身体の心配までしてくれる様な方々でしたが、それでも上の娘が、インフルエンザとおたふくかぜで月に2回も5日か近くの登園禁止が出た時は申し訳なさでいっぱいでした。

 

その他にも休めない仕事の前の日に突然発熱。翌日の病児保育を探すも見つからなかったときは、つらそうな娘を目の前に涙を流すこともありましたが、今思うと、そんな体調不良の子に向き合えない自分も嫌でした。

 

おうち整体を学んで、熱が翌日に下がったりと沢山助けてもらえているのはもちろんの事、体調不良の子どもにきちんと向き合えるようになったのも、おうち整体を学んで本当に良かったと思えるところです!

 

なので子育て中のママには本当におすすめです!
育休中のママさんは妊婦でも受けられますので、お子さんが生まれる前の自分のお守りにいかかでしょうか?

 

そんなおうち整体基礎セラピスト初級講座開催です!

前半→8/8(木)9:30~12:30
後半→8/19(月)9:30~12:30

※後半を都合が悪い方は別日に設定可能!
※両日日程悪い方は違う日にリクエスト可能です!

駐車スペースあり、お子様連れで受けて頂けます

詳しい講座内容は→おうち整体講座をご覧ください♪
すぐお申込みされる方は→こちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です