おうち整体

便秘歴20年以上だった私のひどい便秘を解消させた方法

更新日:

私の便秘歴は20年以上でした。
2週間でないということも度々。そこまで続くと、その後ひどい腹痛が起き、2.3時間痛みの波に我慢すると排便。その間はトレイへ行っては出ないの繰り返し・・・痛みがひどい時は吐き気がする時もありました。そんな事が仕事を始めてからも続き、便秘を解消したく病院へ行くことにしました。

そこから10年近くは薬に頼る日々でした。 

 

ひどい便秘を解消させる為に試した方法

便秘とは、腸に便が長い時間留まった状態です。原因はストレスや食物繊維不足などの食事スタイルなど様々あると思いますが、私はものごごろついた頃には便秘だったので、これ!とうい原因はわかりませんでした。

は覚えている記憶では、小学生の時にはすでに、症状がでていたと思います 。
お腹が痛くて病院へ行くと便秘と言われ、浣腸を出された記憶が残っています(笑)。

 

私の便秘解消には腹筋運動は効果がなかった・・・

小学校から続けていたバスケットボール。高校に入り部活の為に学校に行っていた様な状態になってから、お腹が痛くて部活に出れない事があり、便秘、嫌だなという思いが強くなっていきました  。あまり便秘が続くと、お腹や腰回りが重く、運動部だったので、動きにくく感じることもありました  。

部活の練習の一貫で腹筋も鍛えていました。なでお腹の腹筋のトレーニングは私には効果がなかったようです。  

 

社会人になり、本格的に便秘解消にうごきだした日々

実際に自分で便秘解消の為動き出したのは、社会人になり、腹痛で仕事に支障が出てきてからです。

便秘は、胃腸の働きが悪いために、起こる事も多いです 。 

そこでまず、胃腸の働きをよくするため、サプリメントの様なものを試して毎日飲みましたが、ほとんど効果はありませんでした  。1人目を産んですぐにも、薬を辞めたくて、腸内環境を整えてくれると聞き、オリゴ糖摂取を始めましたが、これも効果なし  。学生時代、母が食物繊維やヨーグルトなどの乳酸飲料など、色々な食べ物・飲み物を試させてくれましたが、効果を感じるものはありませんでした。  

次に試したのが、コーヒー浣腸・・・すれば便意を感じ、下痢の様に出るし、痛みもほとんどなかったので、体がスッキリする感じがあり、週に2回ほどをしばらく続けていました。でも、家でしかできない・・・ある時腹痛が強く、病院に行くと、コーヒー浣腸は自力排便ができなくなるからやめた方がいいと言われ、そこからはその先生に勧められ、薬に頼る日々になります 。

 

便秘解消の為に薬を飲む日々・・・

薬の量は調節しながらも、でないと続けて毎日飲んでというペースで、それでも3.4日に1回、酷いと1週間でないくらいの状態でした。先生は薬はくせにならないから大丈夫だよ。とおっしゃっていましたが、薬がないとでないという日々を送っていました。

一人目出産の後、母乳だった為、薬をやめたいと思い、オリゴ糖を試すも効かず、2人目妊娠中期に、病院からサプリメントのような物を勧められましたがやはり効果がありませんでした。

 

最終的に私のひどい便秘を解消したのは・・・

 2人目妊娠後期ぐらいから、貧血気味との事で、鉄剤を飲み始めてから、なぜか少し便秘が改善したように思います 。鉄剤は便秘になりやすくなる方が多いようで、お医者さんも不思議がっていました(笑)。帝王切開での出産後も、以前よりは少しよい状態で、ほぼ毎日飲んでいた薬の量が3日に1回ぐらい2日ほど続けて飲むぐらいに減ります。 出産はデトックスなどといいますが、 2人目の出産が、良い方向に向かわせてくれたのかもしれません 。

 そして、最終的に薬を飲まなくなったきっかけは、おうち整体という講座の、お腹の施術を受けてからです 。その後それを自分で行うようになり、薬の量がだんだんと減り、いまでは最後いつ薬を飲んだかわからない状態です。

 

私なりのひどい便秘を解消させるポイント

 講座が一番おすすめですが、それ以外に20年にわたる便秘生活の中で、排便に繋がったと思われることをあげてみます。

 

 1.水分をしっかりとる

起きてすぐ水を飲むといいとよく言われますが、昔から食事の時でさえ、お味噌汁以外は水分を取らなかった私・・・今は、水分ならなんでもいいので、目指せ1日1.5Lにしています!それでも仕事が忙しくなった時や、冬になると、減ってしまうので、まだまだこれは私の課題です!  お腹のマッサージを始める前になんとなく調子が良かった時も、夏場で、水分摂取をしっかりしていた時期でした。
いまでも水分をしっかりと取れないと、2日出ないという事がおきます。

 

2.ゆっくりした時間をとる  

やはりリラックスしている時の方が排便しやすいです。今は子供たちと早々一緒に寝てしまうことが多いので、朝早起きして1人で家事をしたり、ブログを書いたりしているのですが、そん時トイレに行きたくなります(笑)。こども達がいるとトイレの前までついてくることもあるので、落ち着いて入れない時も多々あります・・・

朝出ると1日がスッキリはじめられるので、朝のお一人時間お勧めです!  

 

3.排便しやすい食材を見つける 

大人になってから気づいたのですが、焼肉屋さんに行った翌日は薬を使わずに排便があることが多かったです。
焼肉が良かったのか、食べる量が多いからなのか少し定かではありませんが・・・

あとは、私は2人目を産むまではコーヒーが苦手だったのですが、コーヒー好きの主人の影響もあり、少しづつのんでいるうちに今では朝はコーヒーと決まってしまいました。またコーヒーを飲んだほうが排便さやすいことにも気づきました。

排便があった前日の食生活を思い出してみるなどして、あなたにあった食材も見つかるといいですね!

 

4.どこでも我慢せずトレイへいく 

学生の頃などよくあると思いますが、私は学校などでは大の方でトレイを利用する事ができませんでした・・・我慢はやはりよくありません。今考えるとよく我慢していたので、 私の便秘の大きな原因の1つでは?と思うほどです。

 

5、排便のリズムを作る

お腹の施術(セルフマッサージ)を今は毎日しているわけではありません。身体が排便するリズムを覚えてくれると、施術しなくても毎日または1日おきにでるといった状態になっています。

 

 便秘解消方法に一番のおすすめのおうち整体とは

今まで書いてきたように、最終的に私をひどい便秘から解消してくれたのは、おうち整体の便秘の施術、お腹のマッサージです!これを続けた事により、便秘薬から解放され、ひどい腹痛に何時間も苦しむこともなくなりました。腹痛がいつ起きるか心配という事も今ではありません。

子どもの急な熱や咳などの対応を学ぶ為、基礎セラピスト講座を受けた私は、  長く便秘に悩んでいたので、便秘に効くというお腹の施術のあるアトピーセラピスト初級講座にも興味を持ち、受講しました。  

講座の翌日排便があり、これは効く!そう思い、自分でお腹の施術(マッサージ)をするようしました。続けていると、最初はお腹が硬くて、指が入りにくく感じていたのが、だんだんと柔らかくなっていくのを感じるようになりました 。

それと同時に少しずつ薬を飲まなくなり3日でない事はほとんどなくなり、 2日でないと自分で、施術するので、今は薬は最後いつ飲んだか分からないくらですが、おそらく1年は飲んでいないと思います。排便するリズムが整ってくると、施術をする回数も減って行き、今では1か月に1回施術するぐらいで、施術をしなくても2日に1回、調子がいいと毎日出るようになっています。

講座に興味を持たれた方はこちらに詳細あります→おうち整体講座

つらい便秘の症状からの改善にお役立ち頂けると幸いです・・・

-おうち整体

Copyright© みつばち鍼灸マッサージ院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.