肩 ゴリゴリ

セルフケア

肩こりゴリゴリ正体は?鍼灸師の簡単すぐできる気持ちい解消法5選

更新日:

痛みはないんだけど肩を動かすとゴリゴリと鳴る。肩こりが気になり、肩を触ると、ゴリゴリ。という人、結構いらっしゃいます。音が鳴る原因、また解消法などを鍼灸マッサージ師の私がお話しします。

 

なぜ肩がゴリゴリと音するの?

肩といっても、正確には肩の関節部分なのか?肩甲骨なのか?それとも別の場所なのか音が鳴る部分は色々あります。また先に書いたように、ゴリゴリと動かすと音がするというのと、触った時にゴリゴリするという違いもあるかと思います。いずれにしても原因は、「筋肉か関節の硬さ」だと考えられます。特に触った時にゴリゴリとしているのは筋肉が硬くなっているところの事がほとんどです。

肩・肩甲骨がゴリゴリする正体は?

ゴリゴリの正体で一番考えられるのは筋肉ですが、正常であれば、関節はスムーズに動くものです。ですがどこかの筋肉が硬くなってしまうとそちらに引っ張られたりして、スムーズに動かなくなり、どこかと擦れたりぶつかったりして音が出てしまうのです。また、肩は他の関節に比べて、関節の安定性を保つのに、筋肉の役割が大きく関係していることや、筋肉が小さかったり、薄かったりして、循環が悪くなりやすいと言ったこともゴリゴリといった音もでやすい原因かなと思います。

肩甲骨がゴリゴリ

また先に述べたように、肩といっても肩甲骨(肩の後ろの方)のあたりがゴリゴリと鳴る方も多いです。肩甲骨と肋骨で関節ができています。この関節の間に筋肉がありますし、上の写真のとおり、肩甲骨と肋骨の間は狭いので、筋肉などが硬くなることにより間が更に狭くなると、同じようにどこかで擦れたり、ぶつかったりしやすいです。こんな風に骨の上に広い範囲で骨があるところは身体の中でも少ないので、肩甲骨のあたりもゴリゴリと音がしやすい場所だと言えます。

 

肩がゴリゴリいうのは大丈夫?

まず、ゴリゴリする時に一緒に強い痛みが出る方はすぐに整形外科など病院へ行かれたほうがよいでしょう。関節・筋肉・靭帯などどこかの損傷がある可能性があります。
ですが、ゴリゴリしても痛みはない、というようであれば緊急にどうにかしなければいけない状態ではないのかなと思います。但し、自覚症状ななくても、肩や首まわりの筋肉が硬くなっている可能性は高いので、身体のケアはしてあげたほうがよいと思います。

 

マッサージを受ける方の中にも肩でゴリゴリ音がする方はいます

施術にかかわる仕事に15年ほど携わっていますが、肩がゴリゴリと鳴るんですとおっしゃる方は少なくありません。ですが、大体の方はマッサージを受けた後は音がならなくなったり、小さくなる方が多いです。筋肉が緩んだり、肩関節や肩甲骨が正常な動きができるようになると、この肩のゴリゴリは解消されるということです。

 

肩こりにも効果的!肩のゴリゴリ解消ストレッチ

肩がゴリゴリ鳴る方や肩こりの人で多いのが、猫背ぎみということ。それにともない肩甲骨の動きが悪くなっている人が多いです。その猫背改善やゴリゴリしやすい筋肉の効果的なストレッチ・ケアの方法をお伝えします。

 

猫背、肩こりの方必須!胸のストレッチ

肩の前のストレッチ

  • 手を身体の後ろで組みます。
  • そのまま胸から腕のあたりが伸びるところまで手を上にあげていきます。
  • 肘が曲がらないように注意。呼吸を止めずに30秒行ってください。左右に組んだ手を動かしても効果的です。

 

スマホ首、デスクワークの方におすすめ!首の前にストレッチ

首の前のストレッチ

  • 顔の下で手を合わせます。
  • その手で首の前側が伸びるまで上に押します。
  • 呼吸を止めずに20秒以上おこなって下さい。

 

肩こり・肩のゴリゴリになりやすい筋肉のストレッチ

肩こり、ゴリゴリなりやすい場所

上記が肩こりや肩のゴリゴリ音がしやすい場所の一つです。そこのストレッチです。

首の付け根のストレッチ

  • 首を斜め前に向けます。
  • 胸を少し張り、そのまま斜め前に頭をたおします。
  • たおした側の手を頭の少し後ろにあて、その重みで首を伸ばします。勢いよく引っ張らないように注意!
  • 呼吸を止めず20秒伸ばします。斜めの角度を変えると伸びる位置が変わるので、ご自身に効果的な位置を探してみてください。

 

肩のゴリゴリになりやすい肩甲骨の間の筋肉のストレッチ

背中のストレッチ

  • 手を胸の前で組みます。
  • 腕と胸でできた輪の中で風船がどんどん大きくなるように、手を前に伸ばしていきます。
  • 呼吸を止めずに30秒伸ばします。手の位置を左右に横に動かすと伸びる位置が変わり更に効果的です。

 

肩甲骨を動かしやすくする脇のセルフマッサージ

肩のゴリゴリを解消するのに、セルフマッサージも効果的です。余裕がある方は、セルフマッサージの後にストレッチをして頂くとより柔軟性をあげやすくなります。

脇の前のセルフマッサージ

  • 脇の少し下、胸側の筋肉をつかみ、気持ちいい程度に前後に揺らす。

脇の後ろのセルフマッサージ

  • 脇の少し下、背中側の筋肉をつかみ、気持ちいい程度に前後に揺らす。
  • 両側30秒から1分程行って見てください

上記ストレッチ、マッサージ共に気持ちいい程度でおこなって下さい。痛みが出た場合はすぐにやめてください。
お風呂上りなど身体が温まっている時に行っていただくのがおすすめです。

 

肩のゴリゴリにツボを使ったセルフマッサージもおすすめ!

鍼灸マッサージ師なので、肩こりに有効なツボもお伝えします。

肩のゴリゴリに効果的なツボ、合谷

合谷(ごうこく):親指と人差し指の骨が交わるところの前。

万能のツボと言われていますが、首から上の症状に効果的です。

肩ゴリゴリに効果的なツボのマッサージ

上記の写真の様に手の甲を反対の親指と人差し指で挟んでマッサージするとやりやすいです。痛すぎず、いた気持ちいいぐらいの強さでマッサージしてみてください。首を少し左右や前後に倒しながらマッサージするのもおすすめです。
上記のストレッチやマッサージの様に周りの人からもあまり分からずにケアすることができます。

 

肩のストレッチでゴリゴリから解消されましょう!

上記のストレッチ・マッサージ、できれば毎日がいいですが、効果を出しやすくするには2日に1回は続けましょうデスクワークの方は、仕事の休憩時間・トイレに行くたびに行うなど最初は沢山おこなっていただいたほうが、早く効果が出るでしょう。音がしなくなったり、小さくなったら、その間隔をあけていってもいいと思います。ですが、週に2回ほどは継続したほうが繰り返さずにすむかなと思います。

また、肩こりのセルフケアで私の1番のおすすめはストレッチポール。

施術やセルフケアレッスンで治療院にいらっしゃる方はお試し頂けます。オンラインでセルフケアレッスンに参加される方はバスタオルで代用したやり方をお伝えしていますので、タオルでも効果を実感される方はポールの方がより効果を感じられると思います!付属のDVDとは違った使い方や肩甲骨の周りの筋肉をほぐすストレッチポールでのストレッチの方法を肩こりのセルフケアレッスンではお伝えしていますので、興味がある方は、そちらもどうぞ↓

  \肩こり解消したい方はクリック↓/
セルフケアレッスン肩こり編

 

セルフケアだけでなく実際にプロにほぐしてもらいながら、上記のセルフケアをして頂くと更に効果的です。

 \宇都宮子連れで通える治療院メニュー↓/
みつばち治療院のメニュー

肩のゴリゴリを解消して、すっきりした肩を目指しましょう!

 

 

 

-セルフケア

Copyright© みつばち鍼灸マッサージ院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.