セルフケア

腰痛持ちが、腹筋して腰痛いとならない為の正しい筋トレのやり方

更新日:

腹筋運動で腰痛いとおしゃっる患者さんは少なくありません。15年ほどの鍼灸整骨院と自宅サロンでの施術。4年間の社会人アメリカンフットボール部でのトレーナーの経験から腰痛にならない腹筋の鍛え方をお伝えします。

 

腹筋運動で腰痛いという原因

腹筋トレーニングをして、腰痛がでてしまう理由は大きくわけて3つあります。

  • 運動のやり方が間違っている。
  • 運動強度が高すぎる。
  • 腸腰筋の緊張が強くなり腰に負担がかかってしまう。

そして筋トレで腰痛いとなる人の多くにみられるのが、腰が反り気味であるということです。少しお尻が後ろに出ているような状態です。

腰痛改善で行う腹筋で本当に鍛えるべき筋肉はココ!

腰痛改善の為に、腹筋などの体幹を鍛えるといいですよと言われ、筋トレを始める人もいらっしゃるかと思います。体幹は身体を支える為に大事な筋肉ですが、その体幹の筋肉の中でも腹筋そして腹筋の中でも私が一番大切だと思うのは腹横筋という筋肉です。いわゆるインナーマッスルです。

腹横筋とは腹筋の一番奥にある筋肉、つまり背骨に近い部分にあり、腰痛ベルトと同じラインの筋肉です。ベルトをすると腰痛いのが楽になる、腰が安定するといった経験をした事がある人も多いと思います。腹横筋を鍛える事でご自身の筋肉で天然の腰痛ベルトが作れます。

逆に腹横筋が弱っていると、そり腰になりやすく、筋トレ中、お尻の真ん中の骨のあたりが痛くなたしもします。また背筋トレーニングでも腰痛いとなってしまう人が多いです。ポッコリお腹の方も、実はこの反り腰のせいでそう見えている事もありますのでお腹を細くするダイエットをしたいと思っている方もこの筋肉のトレーニングがおすすめです。

 

腹筋ローラーで腰痛い理由

腰痛いとなりやすい筋トレを上げておきます。まずはこの腹筋ローラー。これで体幹の筋トレをしてみたら、腰痛が出たという人はかなり多いです。スポーツ選手も例外ではありません。

この器具は、運動強度が高いので、腰痛がでる理由としては強度が合っていないという方が多いです。

上記で書いた腹横筋がうまく使えないと腰が反りやすくなります。まだ腹横筋をうまく使えない状態でこの腹筋ローラーをすると、背筋に力が入りすぎてしまったりと、反り腰になりやすくなり腰痛につながります。

腹筋ローラーを使いたい人は、まずはしっかりと腹横筋を鍛えてから行うことをお勧めします。

 

足上げ腹筋で腰痛い理由

次に、器具を使った筋トレ以外で腰痛いとなる人が多いのが、足をうごかすような腹筋をした時です。

これも上記で述べたように運動強度が高すぎる場合もあるのですが、反動を使ってしまうという方法が間違っている場合も多いです。今度は腸腰筋という股関節の前についている筋肉がポイントになります。足をあげた状態での運動は本当は腹筋を鍛えたいのに、腸腰筋を使いやすくなります。(わざと腸腰筋を鍛える事を目的にしている場合もありますが、、、)この腸腰筋という筋肉は、硬くなる事で、腰のそりを増悪させてしまうことがあり、腰が痛いとなってしまうのです。

なので、腹筋で腰痛いとなる人は、まず止めたまま、耐えるような腹筋をおすすめします。まは腹横筋で腰のそりを押さえらぐらいになってから行うとよいと思います。

 

腹筋運動で腰痛い人向けのトレーニング

上記でお話してきたとおり、腰が痛くならない腹筋のポイントは、

  • 腹横筋をしっかりと鍛える事。
  • 動かさず耐えるような腹筋トレーニングを行う事。

この2つに気をつけて選んで頂くとよいと思います。

では、おすすめの運動をご紹介していきます。

 

腰痛いとならない腹筋、初級

まずはあまりトレーニングをしたことがない方や初めて筋トレをする方におすすめの方法です。

腰痛くならない腹筋、シットアップ

 

  1. 膝を45度ぐらいにたて、手のひらをももの上にのせます。
  2. おへそを凹ませ、その凹ませたおへそがどんどん床のほうにしずむように、腰を床に密着させ、おへそを見ながら手を膝の方へ滑らせていきます。
  3. 膝まではあがらず、途中で腹筋を使っていると感じる場所や体が震える場所、きついばしょで体を止めます。
    だいたい肩甲骨が浮いたくらいのところになります。

※最初は15秒を目標に、30秒、45秒、60秒と秒数を増やして行きましょう。
15秒しかできないかたは、トータルで1分になるように、4セット行いましょう。

※女性の方に多いのですが、首が痛くなってしまう方は、手を頭の後ろで組んで頂いても大丈夫です。
ただし、反動を使いやすくなるので、ゆっくりとあがるよう気をつけて下さい。

 

腰痛いとならない腹筋、上級

上記のトレーニングが楽な人、あるいは普段から筋トレをしている人はこちらの方法からスタートしてみて下さい。

腰痛くならない腹筋、スタビライゼーション・プローン

 

  1. 肩の下に肘がくる様にし、足幅は腰幅ぐらいに開く。
  2. お尻の穴を締める。(途中抜けそうになりますが、ずっと締めたままです)
  3. 肩甲骨下のから膝が一直線になるよにお腹を上にあげる(高すぎても、低すぎてもだめです)
    これ、意外に難しいので、鏡の前で行ったり、誰かに見て頂くといいと思います。
    お腹がつらくなったり、プルプルしてくればOKです。

最初は15秒を目標に行ってみて下さい。15秒が写真の様な姿勢で、楽にできる方は、30秒→45秒→1分という風に行ってみてください。15秒しかできない方は、それを4回。トータルで1分になるよう行ってみて下さい。

この方法は体幹トレーニングとしてスポーツ選手でも多く取り入れています。選手たちは膝ではなくつま先で支えすバージョンが多いです。
膝つきで楽にできるようになったら、つま先に変えたり、片手や片足をあげたりと強度を高くしもよいでしょう。

※これをおこなって腰痛いとなる場合は③ができていない可能性が高いです。
または、まだこの強度では高すぎる可能性もあるので、初級の方法をしっかりと行えるようになってから再度挑戦してみてください。

 

腰痛くならない腹筋で腰痛改善を!

いかがでしたでしょうか?筋トレは継続することはとても大切です。週2.3回を目安に行っていただけるといいかなと思います。

そして、痛みが出るという事は、筋肉の硬さが強い事が多いです。普段痛みがある人はもちろんですが、トレーニングした時だけ痛みが出る人も、筋肉をほぐしてもらってからトレーニングを行うことで痛みが出なくなったという人もいらっしゃいますので、お身体のケアもお勧めします。
治療院のメニューはこちら

また、腰痛を自分でケアしていきたい方向けにセルフケア講座も開催しています。
興味がある方は以下をご覧下さい。
腰痛の対策・ストレッチ分かる、セルフケアレッスン

ぜひ正しいトレーニングで腰痛改善へ役立てて頂ければと思います。

-セルフケア

Copyright© みつばち鍼灸マッサージ院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.